「雑記」カテゴリーアーカイブ

Pocophone F1の自分用覚書

●ブートローダーアンロック

https://ameblo.jp/wasted169/entry-12400631084.html

Xiaomiのサイトで登録し、MiFlashツールを使い、アンロック申請。3日待つ必要あり。

●Android SDK

Android SDKをインストールして、ADBコマンドが使えるようにする方法

adbコマンドを使うときに必要。環境変数でパスを通す方法も書いてある。

●TWRP(カスタムリカバリ領域)導入

https://ameblo.jp/wasted169/entry-12403175514.html?frm=theme

起動法など解説:https://andmem.blogspot.com/2014/08/twrp-boot.html

●Magisk(SUの代わり)

https://ameblo.jp/wasted169/entry-12403404240.html?frm=theme

●プラスエリア化(ただし、pocoには使えない模様)

【Xiaomiスマホ】日本BAND全対応化♪プラスエリア化など、結果:完全対応不可

Xiaomi Mi6のプラスエリア化

DFSというツールと、QXDM/QPSTというツールがある。

QXDM/QPSTは自力で探すようどのサイトでも促しているが、中文だったり、英文でもリダイレクト系マルウエアが仕掛けられていたりと、ろくなところがない。自己責任もてる人はココをクリック。

●VoLTEの有効化

意図的に項目が隠されている。
電話アプリを起動し*#*#86583#*#*を実行。
意図して隠されている項目であり、「これを実行後に、VoLTEのクレームはなしね」とメーカーが言っているらしいw

●Antutuスコア

デフォルトロムで26万、Pieに変えると29万。

screenshot_2018-11-28-20-56-00-313_com-antutu-abenchmark screenshot_2018-11-29-08-09-25-731_com-antutu-abenchmark

●追加で買ったもの

・ケース(Ali)
https://ja.aliexpress.com/item/pocophone-F1-Xiaomi-pocophone-F1-TPU-pocophon/32920547141.html?spm=a2g0s.9042311.0.0.76cf4c4dLidTHe
すっげーチープ。写真みたいにピカピカしていない。同梱のPPTケースに毛が生えた程度だが、なぜかPocoに装着するとしっくり来る。

・ガラスフィルム(amazon.jp)
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07GBRW7YW/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1
モノはかなりいい。あと0.5mm横幅がほしい。貼るときには通知LEDを点灯させながらをおすすめする。そうしないと通知LEDの穴の目測が測れず、隠れてしまう。

・Type-C to USB A(メス)OTGケーブル(ヨドバシ店頭)
https://www.yodobashi.com/product/100000001003577983/
こんなやつのUSB3.0で、Type-C側がL字のやつ。
TWRP起動後に、USBメモリからROMを焼いたり、初期ROMをUSBメモリにバックアップするときに、スマホと直結するために重宝する。

Fire 7 (第7世代[7 gen])で最初にしたい設定 Ver5.6.2.0

俺用メモ

・使うツール

TOOL AMAZON FIRE 7 7GEN FIRE OS 5.6.x AND FIRE OS 5.4.0

https://forum.xda-developers.com/amazon-fire/general/tool-amazon-fire-7-7gen-fire-os-5-6-x-t3815112

・Fire側の準備

開発者オプションを出して、ADB(デバッグモード)を有効にする。

・パソコン側の準備

USB接続時に、MTPなどのように表示されて、Fireがうまく認識されない場合は、標準ドライバから MTP USBドライバを入れる。

https://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2612503

あとはダウンロードしたツールのバッチファイルを起動して操作。アプリは適宜バッチファイルをいじってチョイス。

UMIDIGI Z2 Proでスピーカーから音が出なくなるバグ?

20180914 ROMを適用し2-3日問題なかったが、

スピーカーから音がでなくなっていることに気づく。

具体的には着信音、アラーム、操作時のタッチ音、音楽プレイヤーなどなど。

bluetoothイヤホンからは音は確認できるので、単純にスピーカーの認識の問題と思われる。セーフモードでも変化せず。

追加で入れた電源ウィジェットを見ると、スピーカーのマークが白ではなく、黒反転しているのがわかった。

いろいろいじると、一時的に改善できることがわかった。操作は次の通り。

1:電源ボタン長押し>電源を切る長押し>セーフモードで起動させる
2:セーフで起動したら、□を押してアプリ履歴を全消去する。
3:電源を切る
4:再度電源を入れる。治っていなかったら1からやり直し。

しかし、現象再発することも確認済み。
これがおま環なのかどうかは不明、フォーラムにもポストしたので、他の人の反応待ちですね。

■2018/9/25更新
現象発生手順と回復手順がわかったので更新。

・現象発生プロセス
本バグは、Bluetoothイヤホンを接続している状態で、イヤホンの電源を切らずに、中途半端に切断される状況になると発生する。
(ex:接続状態でイヤホンの充電を行うなど)

・直し方
1:イヤホンの電源を再度入れた後、すぐにイヤホンの電源をオフにして、正しくBluetoothを切断する。

2:UMIDIGI Z2 Proをセーフモード(電源ボタン長押し>電源を切る長押し でセーフモードメニュー表示)で起動する。

3:セーフモードで音がなることを確認したら、通常軌道に戻す。ホームアプリとウィジェットを復元させる。

ちなみに、使用中のBluetoothイヤホンはサウンドピーツのQ12です。他のイヤホンで発生するかは不明。

■追記
ダメだ、やっぱり一定確率でスピーカーから音がならない。
そもそもBluetoothの電波も不安定なので、電波がぶつ切りになったときにはっせいしてそう。
上述の回復方法も効かないことがしばしばあるので、近々の更新で治らなきゃ返品だ。さようならUMIDIGIの予定。

Umidigi Z2 Pro の問題点忘備録(2018/09/20更新)

■重要

UMIDIGI Z2 Proの初期セットアップ時及び、セキュリティ設定に関しては、2018/09/17現在絶対しないこと。設定したPINやパスワード、パターンが通らなくなる致命的バグを抱えている端末です。

 

gerr

●概要

Umidigi Z2 Pro をセットアップ後、指紋やPIN、パターンを設定してある状態で端末を再起動すると、POST時のセキュリティは通るが、Home画面に移行するときに「デバイスの再起動後にPINが必要です」と出て、セキュリティが通らない(指紋などの生体認証は使えない状態になっている)。

 

●ソース

1:俺自身

2:コミュニティ>http://community.umidigi.com/thread-17362-1-1.html

 

●解決策

現状ワイプしかない。

PCなどの他のネットが使える端末から、Googleアカウントにログインし、Umidigi Z2 Proをリモートワイプする。

折り悪く、Umidigi Z2 ProのWi-fi設定がうまく行っていない場合、ルータなどの設定で一時的にWi-fiをオープンにして、Umidigi Z2 ProとWi-fiを接続、直ちにリモートワイプしてWi-fiをもとに戻すこと。

そして、今後はセキュリティを設定しない。

[補足]

Umidigi Z2 Proは、Power+VOUPボタンでファクトリーリセットをかけようとしても、中文で、かつファクトリーリセットの項目「清楚eMMC」がないため、本現象に陥った場合は、Googleアカウントによるリモートワイプしか復旧手段がない。
→電源+VOUPを押しっぱなし>UMIDIGIロゴが出たら、電源ボタンだけ離す>20秒以上VOUPを押しっぱなしにする>英語表示のAndroidの管理画面が出れば成功、らしい。中文表示は起動に失敗しています。

 

●そうすることによる不便なところ

1:端末をちょっと触れるだけでディスプレイが点灯し、ロック解除画面になってしまう。

→設定>ディスプレイ>詳細設定>指を離してスリープ状態から復帰 をオフ にすると改善

2:指紋デバイスが無用の長物になる。

→今後のメーカーアップデートに期待するしかない。

 

●気をつけたい点

1:Battle.netや、Uplayの二段階認証など、スマホをりようした認証システムを運用中の方は、スマホ移行や、ワイプする際にそれらの解決法を予め把握しておくこと。(Uplayは、サポートに問い合わせると2-3営業日で復帰可能。ソース:クラメン)

2:SIMカードスロットが結構貧弱。気をつけないとSIM1側がひん曲がり、一瞬嫌な汗が出ます(ソース:俺)。

3:付属の保護フィルムはすでに貼ってある状態だが、保護フィルム本体を保護するフィルムを剥がす際に、勢いよく青いシールを引っ張ると保護フィルム本体ごと剥がれる(ソース:俺)。代替えの保護フィルムは国内にサイズ違いの粗悪品しかない(ソース:アマゾンレビュー)ため、ここは慎重にすること。

[補足]

もし剥がしちゃったら…。

→画面保護もできるケースがあります、私はこれを買いました、1000円位。>Maxku UMIDIGI Z2 / Z2 Pro ケース 超軽量 PUレザー スタンドカバー 手帳型 保護ケース (ブラック)

→フィルムはアマゾンでちょいちょいと新商品が出始めています、レビュー見て適宜選んでみましょう。

●他の情報

デュアルレンズカメラのピント調整がしょぼいらしい。自分の端末でチェックすると、HUAWEI Ascend Mate7と比較し、たしかに甘さは感じる。

画面の四隅の端にアプリの画面表示が隠れ、表示の一部が読めないことがある。これはPOSTメニューでも起こるため、どうしようもないと思われる。

●Umidigi Z2 Proを実際使ってみてどうよ?

1:Wi-fiの掴み具合がいまいちな場合あり。5Ghzは無効となり、ほぼつかめない。また、docomoのMVMOSIM(IIJMIO)を差し込むと、4Gを掴まないことがある。(再起動で改善するが、ネットワーク再接続アプリでもOK)

2:操作感はスムーズでストレスなし。

3:正直この値段で購入可能な端末としては、不具合に目をつぶれば、買いです。自己責任で、ワイプとかいろいろ自分でデキる人はどうぞ。GearBestでシッピングオプションをDHLにすれば、遅くとも半月で届きます。

<2018/09/13更新>

●メーカーの対応

9/13に更新版をリリース予定とのこと。

http://community.umidigi.com/thread-17380-2-1.html

 

●ファクトリーリセット

1:電源断から電源+VOUP長押し。

2:UMIDIGIロゴが出たら、VOUPのみ長押し(20秒以上押すらしい)

3:画面が変化したら、「Wipe data / factory reset」を選択。でいけるらしい。

(リセットにはリスクが伴います。コミュニティの記事をよく読み、自己責任で実施してください。)

 

■2018/09/17現在

・不具合に対するメーカーからのアップデート及び公式回答なし。

・海外購入者は、セーラーに対し返品をし始めている。
→交渉次第で受け付けてもらえている模様だが、詳細は不明。送料はこちらもちと思われるが、そこもセーラーが持ってくれたと思しき書き込みもフォーラムに見られる。

・フォーラムを見ると、怒り心頭な被害者は日に日に増えている。

・こんな状況にもかかわらず、Twitterに「着弾した嬉しい!」→「バグってる!なんぞこれ!」→「助けてアルゴマン!」の連鎖に陥る人続出中。

・現在わかっている具体的な現象は以下の通り

1:セキュリティ設定のバグ
→一部Twitterで8文字以上のPIN設定でバグが発生しないという報告があるが、この技を使うと、PINを適当に入れてもセキュリティを突破できてしまうため、無意味。というか不具合のもとになりそうなのでやめたほうが良いと思う。

2:Wi-fi5Ghz帯をつかめない

3:Wi-fi及び4G LTEの通信不安定

4:Bluetooth通信不安定(ペアリングしているにもかかわらず、イヤホンから1-2分間音が出なくなる)

5:カメラアプリがクラッシュする、または安定しない

6:自動光度調整が機能しない

7:マイクが使えないため、通話の支障をきたす。

8:稀に受話できない(かかってきた電話が着信表示すらしない)

9:Qi充電で高温になり、火災報告1件。(フォーラム上の記載、真偽不明)超高温になるという書き込みは多数。Qiの使用はしばらく避けたほうが無難。

10:LINEの自分の書き込みがすぐに反映されない。

11:GPSの測位が甘い。

■仕様と思しきもの

FMラジオは使えない。(TYPE-C変換ケーブルを使用しても、イヤホンケーブルをFMアンテナとして機能しない、認識しないためと思われる)

アプリによって、上部ノッチ、四隅部分に表示が隠れて見えない。(Ex:ぷよクエ)

■購入すべきか?

様子見をおすすめします。HWの問題なのか、SWの問題なのかの切り分けすらできない状況に加え、メーカーのファーム修正予定日を過ぎても音沙汰がありません。

公式フォーラムは日に日に荒れています、メモリ6GB+128GBストレージでこの値段はやはり無理があったか?

■返品?

英語でセーラーのチケットとって、交渉するしかないです。
GearBestは香港なので、現在台風22合の直撃を受けて、まともに業務できるかも疑わしい。広域災害レベル。

参考動画>https://twitter.com/i/status/1041189992012296192

 

■2018/09/20現在

UMIDIGIフォーラムは荒れ模様ですが、adminからは一切音沙汰がありません。

また、私の所持しているZ2 Proでとうとう電話受話後に相手に声が届かない現象が発生してしまいました。端末使用から2週間弱というところでしょうか。

状況としては

・広い学校のグラウンドだったり、室内だったり(他のスマホでは問題ない場所)
・Bluetoothイヤホンをペアリング中&使用中で、電話機スピーカーに切り替えた
・こちらから再コールしても改善せず
・Bluetoothマイクは正常に通話可

こんな具合です。

キャリアはdocomo、特定バンドを掴むとVoLTEが使用不可になるなどの情報もありますがそこはわかりません。

ただ電話機である以上、受話している状態でこちらの声が届かないのは致命的です。仕事の電話とか、怖くて使えない…。

これ、音信不通なのはUMIDIGIテクニカルスタッフもお手上げだからなんじゃないかな?ひょっとしてハードに致命的欠陥があるとか?アプリの動作はメモリ6GBもあって、サクサクなだけに残念。

これは本気でGearBestに返品を検討しなければないらないかも。

Ascend Mate7のバッテリー交換

https://item.rakuten.co.jp/winwinnetshop/mate7/

楽天のお店が一番安い。2000円で送料無料。

付属の工具は、ギターピックみたいなやつが一番重要、他のは使わないデス。

やり方はケツの充電器差込口のカバーを外してから、全体のカバーをちまちまと慎重に外していくだけ。

あとは、内部の配線を全部とって、バッテリを剥がす。

この剥がす作業がとても難儀。粘着テープがコレでもかというくらい強力で硬い。交換は想定していない模様。

交換したら、すべて戻してチェック、新品バッテリですが、50%程度充電が有りました。

詳しいやり方はYoutubeとかで探して下さい、いっぱいあるので。

R6Sのネタコラ

ここも長らく放置していたので、ネタとして保管。

▲ロケランっぽい武器を持つつば九郎と、新兵っぽいドアラ

▲大人っぽいお店で見せられたアルバム、R6Sマニアなら、どうすべきかわかっているな?

Ascend Mate7をAndroid6に更新後ウィジェットが止まる件

例えばYahoo!乗換案内とか、天気図ウィジェットとかが止まる。

原因はAndroid6で搭載された細かい設定項目。
省電力を目的として、スタンバイになるとプログラムを極力停止するようになっているからだ。

次の項目を確認すれば解決する。

設定>詳細設定>バッテリーマネージャー>保護されたアプリ

画面がオフになっても動かしたいアプリを有効にするだけ。

SBからBicSimへの移行(Accend Mate7編)

名古屋の実家へ事故の報告も兼ねて顔見世に行った時に名古屋駅裏のビックカメラを覗いてみると「BicSimカウンター」があるじゃありませんか!

そこで速攻手続きしました。
SBからの移行は違約金がかかりますが、月の利用料を考えると10ヶ月もすればペイできるので問題ないでしょう。
おおよそかかった金額は次の通り、マジでおおよそなので参考程度に。

SB違約金:10800円
NMPによるSB転出手数料:3240円
NMPによるBicSim(Docomo)転入手数料:3240円
BicSim購入代金:3240円

17000円程度でしょうか。
転出と転入の手数料はぼってるなと思いますが、これを払わないと手続き出来ないので我慢です。

なお、SBの手数料関係はショップや店員によっていうことがバラバラでアテになりません!
正確な金額を知りたい場合は、NMP転出に必要なコードを貰える電話番号にかけてコードをもらいつつ、そこで金額を聞くことが出来ます。
マジでSBショップは対応がマチマチでどれを信じていいかわかりません、なんとかして欲しいですねえ。

使用感は?

「想定以上によい」です。
通話の無料分は無いですが、通信メインの私には問題なし。
通話品質もdocomo回線なので非常に綺麗。

通信は3GB/月ですが、当月分の未使用容量は翌月まで繰り越せます。極端な話、3GBまるまる残して翌月を迎えると6GBまで高速通信で利用可能です。
普通のメールやブラウジング、ハースストーンをプレイしつつ少々の動画再生だけであれば1GBほどあまりますから、翌月は4GBまでの通信が使えます。

電話そんなに使わない、データ通信オンリーな人は今すぐにでもMVNOに切り替えたほうが良いと言っても過言ではないです。
将来的には主要3キャリアは回線レンタル会社になってるんじゃないかなと思いますよ。

107SHからAscend mate7への移行

softbankの3Gスマホ107SHからAscend mate7へスマホを変更。

通話は問題なし。
SBの銀色マイクロSIMだが挿すだけで普通に使えました。

データ通信についてはAPNが設定されていないので、こちらは自力で探すしか無い。
情報はWEBに潤沢にあるため、試したAPN名だけ記載。

×:andglobal.softbank.ne.jp

×:andoworld.softbank.ne.jp

○:open.softbank.ne.jp

通信テストはTwiccaでtwitterの更新を行って普通に閲覧出来ました。
テスト後の料金確認は翌日の正午以降にMy SoftBankから、

パケットし放題Sforスマートフォン 372
PCダイレクト@0.05円 48
パケットし放題Sforスマートフォン 対象通信分 -48

として確認できました。
多分大丈夫かな。

っていうか、Twiccaの更新ボタン押しただけで50円近くも取られるのね、すんげーな(;´∀`)。
このご時世パケット課金の意義がもうよくわからんのだが、「パケットし放題」っていう制度を残すためだけに「パケット課金」を維持しているとしか思えないよねえ。
大手3キャリアのプランを見比べると値段帯がほぼ同じだし、選択の余地があまりないというか、とりあえず談合やめて競争…と思ったが、それやるとインフラ持ってるD社が圧勝しちゃうのかな?まーいいや。

さて、普段はWI-MAXを使っているのでデータ通信は不要なのだが、万が一スマホを紛失した時にAndroidデバイスマネージャとか、Lookoutの位置検索を利用するためのデータ通信手段として欲しい所。

問題はデータ通信を普段はしてほしくないが、WI-MAXのルータの電池が落ちると自動で3G切り替わるため、その部分を何とかしたい。
しかし紛失した時のことを考えると、例えば「wi-fi通信不可状態になってから5時間経過すると3Gに切り替わる」なんていう機能がほしい。

…絶対そんなアプリは無いと思うので、勉強して自分でつくろうか。

APN等記載した内容は無保証です、自己責任でお願いします。
パケ死に注意!