「モバイル」カテゴリーアーカイブ

Ascend Mate7をAndroid6に更新後ウィジェットが止まる件

例えばYahoo!乗換案内とか、天気図ウィジェットとかが止まる。

原因はAndroid6で搭載された細かい設定項目。
省電力を目的として、スタンバイになるとプログラムを極力停止するようになっているからだ。

次の項目を確認すれば解決する。

設定>詳細設定>バッテリーマネージャー>保護されたアプリ

画面がオフになっても動かしたいアプリを有効にするだけ。

SBからBicSimへの移行(Accend Mate7編)

名古屋の実家へ事故の報告も兼ねて顔見世に行った時に名古屋駅裏のビックカメラを覗いてみると「BicSimカウンター」があるじゃありませんか!

そこで速攻手続きしました。
SBからの移行は違約金がかかりますが、月の利用料を考えると10ヶ月もすればペイできるので問題ないでしょう。
おおよそかかった金額は次の通り、マジでおおよそなので参考程度に。

SB違約金:10800円
NMPによるSB転出手数料:3240円
NMPによるBicSim(Docomo)転入手数料:3240円
BicSim購入代金:3240円

17000円程度でしょうか。
転出と転入の手数料はぼってるなと思いますが、これを払わないと手続き出来ないので我慢です。

なお、SBの手数料関係はショップや店員によっていうことがバラバラでアテになりません!
正確な金額を知りたい場合は、NMP転出に必要なコードを貰える電話番号にかけてコードをもらいつつ、そこで金額を聞くことが出来ます。
マジでSBショップは対応がマチマチでどれを信じていいかわかりません、なんとかして欲しいですねえ。

使用感は?

「想定以上によい」です。
通話の無料分は無いですが、通信メインの私には問題なし。
通話品質もdocomo回線なので非常に綺麗。

通信は3GB/月ですが、当月分の未使用容量は翌月まで繰り越せます。極端な話、3GBまるまる残して翌月を迎えると6GBまで高速通信で利用可能です。
普通のメールやブラウジング、ハースストーンをプレイしつつ少々の動画再生だけであれば1GBほどあまりますから、翌月は4GBまでの通信が使えます。

電話そんなに使わない、データ通信オンリーな人は今すぐにでもMVNOに切り替えたほうが良いと言っても過言ではないです。
将来的には主要3キャリアは回線レンタル会社になってるんじゃないかなと思いますよ。

107SHからAscend mate7への移行

softbankの3Gスマホ107SHからAscend mate7へスマホを変更。

通話は問題なし。
SBの銀色マイクロSIMだが挿すだけで普通に使えました。

データ通信についてはAPNが設定されていないので、こちらは自力で探すしか無い。
情報はWEBに潤沢にあるため、試したAPN名だけ記載。

×:andglobal.softbank.ne.jp

×:andoworld.softbank.ne.jp

○:open.softbank.ne.jp

通信テストはTwiccaでtwitterの更新を行って普通に閲覧出来ました。
テスト後の料金確認は翌日の正午以降にMy SoftBankから、

パケットし放題Sforスマートフォン 372
PCダイレクト@0.05円 48
パケットし放題Sforスマートフォン 対象通信分 -48

として確認できました。
多分大丈夫かな。

っていうか、Twiccaの更新ボタン押しただけで50円近くも取られるのね、すんげーな(;´∀`)。
このご時世パケット課金の意義がもうよくわからんのだが、「パケットし放題」っていう制度を残すためだけに「パケット課金」を維持しているとしか思えないよねえ。
大手3キャリアのプランを見比べると値段帯がほぼ同じだし、選択の余地があまりないというか、とりあえず談合やめて競争…と思ったが、それやるとインフラ持ってるD社が圧勝しちゃうのかな?まーいいや。

さて、普段はWI-MAXを使っているのでデータ通信は不要なのだが、万が一スマホを紛失した時にAndroidデバイスマネージャとか、Lookoutの位置検索を利用するためのデータ通信手段として欲しい所。

問題はデータ通信を普段はしてほしくないが、WI-MAXのルータの電池が落ちると自動で3G切り替わるため、その部分を何とかしたい。
しかし紛失した時のことを考えると、例えば「wi-fi通信不可状態になってから5時間経過すると3Gに切り替わる」なんていう機能がほしい。

…絶対そんなアプリは無いと思うので、勉強して自分でつくろうか。

APN等記載した内容は無保証です、自己責任でお願いします。
パケ死に注意!