Ascend Mate7をAndroid6に更新後ウィジェットが止まる件

例えばYahoo!乗換案内とか、天気図ウィジェットとかが止まる。

原因はAndroid6で搭載された細かい設定項目。
省電力を目的として、スタンバイになるとプログラムを極力停止するようになっているからだ。

次の項目を確認すれば解決する。

設定>詳細設定>バッテリーマネージャー>保護されたアプリ

画面がオフになっても動かしたいアプリを有効にするだけ。

HearthStoneの空耳をクラメンに言ったら「耳がおかしい」と言われた

いやいや絶対にそう聞こえるって!マジで!

Abusive Sergeantp.png

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/6tJzTGehcJU” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>
「ギブミー!フライナゲット!」としか聞こえない。
でも、BGMなしのYoutube版を聞いたらそう聞こえなかった・・・( ゚д゚)ハッ!

Bloodsail Raiderp.png

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/2–Pq9WdHrE” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>
「X-BOX スポーツ!」としか聞こえない。
これはクラメンも「そうだ、この女はX-BOX信者なのだよ」と共感。

Stormwind Knightp.png

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/wKThglkKA3M” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>
出てくるときに「オナ禁!」と行って堂々と登場。
相当溜まっているのか、チャージ持ちです。こいつもやっぱりyoutubeで聞くとオナ禁とはきこえないんだなー。

Lance Carrierp.png

<iframe width=”560″ height=”315″ src=”https://www.youtube.com/embed/-orbnOO-Ksc” frameborder=”0″ allowfullscreen></iframe>
攻撃時「STOP!高金利~」と聞こえます。
お約束ですが、やっぱりyoutubeで聞くと聞こえない。

どうもBGMと英語の発音が絶妙なハーモニーを奏でて空耳を生成しているご様子ですね。

SBからBicSimへの移行(Accend Mate7編)

名古屋の実家へ事故の報告も兼ねて顔見世に行った時に名古屋駅裏のビックカメラを覗いてみると「BicSimカウンター」があるじゃありませんか!

そこで速攻手続きしました。
SBからの移行は違約金がかかりますが、月の利用料を考えると10ヶ月もすればペイできるので問題ないでしょう。
おおよそかかった金額は次の通り、マジでおおよそなので参考程度に。

SB違約金:10800円
NMPによるSB転出手数料:3240円
NMPによるBicSim(Docomo)転入手数料:3240円
BicSim購入代金:3240円

17000円程度でしょうか。
転出と転入の手数料はぼってるなと思いますが、これを払わないと手続き出来ないので我慢です。

なお、SBの手数料関係はショップや店員によっていうことがバラバラでアテになりません!
正確な金額を知りたい場合は、NMP転出に必要なコードを貰える電話番号にかけてコードをもらいつつ、そこで金額を聞くことが出来ます。
マジでSBショップは対応がマチマチでどれを信じていいかわかりません、なんとかして欲しいですねえ。

使用感は?

「想定以上によい」です。
通話の無料分は無いですが、通信メインの私には問題なし。
通話品質もdocomo回線なので非常に綺麗。

通信は3GB/月ですが、当月分の未使用容量は翌月まで繰り越せます。極端な話、3GBまるまる残して翌月を迎えると6GBまで高速通信で利用可能です。
普通のメールやブラウジング、ハースストーンをプレイしつつ少々の動画再生だけであれば1GBほどあまりますから、翌月は4GBまでの通信が使えます。

電話そんなに使わない、データ通信オンリーな人は今すぐにでもMVNOに切り替えたほうが良いと言っても過言ではないです。
将来的には主要3キャリアは回線レンタル会社になってるんじゃないかなと思いますよ。

魔法着弾後に魔法の抜け殻?を残す

例えばFireballを唱え、着弾後にその燃えカスが敵の足元に落ちる等の演出をしたい場合に設定します。
特にスクリプトなどを使うことなく、CKの設定だけで作れます。

通常のようにspell、MagicEffect、Projectileを作り魔法のベースは完成させておきます。
燃えカスの設定には次の項目を使用します。

・Explosion(SpecialEffectツリーの下)
・Ammo(Itemツリーの下)

まずは燃えカスとなるオブジェクトを作ります、燃えカスは「Ammo」で設定します。
鉄の矢等、適当にDuplicateしてください。

tama02

上の図は「Cheese to die for – Daedra fanatic Follower」で作ったAmmoです。
スクリプト制御をしないのであれば、設定すべき箇所は「Projectile」と「Model」、あとは「Playble」のチェックを外すだけです。
Projectileは設定した魔法と同じものを選びます。
Modelは着弾後に残る残骸や燃えカスにあたるアイテムのメッシュ(nifファイル)を選択します。
念のためEditorID欄にある項目はDeleteキーで消しておくのがよいでしょう。
ID名をつけてあげて、OKを押します。

次はExplosionです。
適当なものをDuplicateします。
tama01
設定すべきは右下から3番目の「Placed Object」項目。
先ほどのAmmoの設定がうまくできていればここに出てきているのでそれを選択してOKを押します。
ここに設定したAmmoが着弾後に落ちる仕組みです。

なお、Explosionの項目は爆発を制御しています、爆発させたくない場合はArtFile欄に「Effects\FXEmptyObject.nif」と入力、sound欄や他の項目も適宜noneに設定します。
これは透明な爆発を表示させるメッシュと考えてください。例を見たい場合はCKの検索欄に「fake」と打ち込むとこれを使っている項目が出てきます。

最後に、MagicEffectを開いて、Explosionの欄に今作ったExplosionを当てはめて出来上がりです。ゲーム内で動作をチェックします。

107SHからAscend mate7への移行

softbankの3Gスマホ107SHからAscend mate7へスマホを変更。

通話は問題なし。
SBの銀色マイクロSIMだが挿すだけで普通に使えました。

データ通信についてはAPNが設定されていないので、こちらは自力で探すしか無い。
情報はWEBに潤沢にあるため、試したAPN名だけ記載。

×:andglobal.softbank.ne.jp

×:andoworld.softbank.ne.jp

○:open.softbank.ne.jp

通信テストはTwiccaでtwitterの更新を行って普通に閲覧出来ました。
テスト後の料金確認は翌日の正午以降にMy SoftBankから、

パケットし放題Sforスマートフォン 372
PCダイレクト@0.05円 48
パケットし放題Sforスマートフォン 対象通信分 -48

として確認できました。
多分大丈夫かな。

っていうか、Twiccaの更新ボタン押しただけで50円近くも取られるのね、すんげーな(;´∀`)。
このご時世パケット課金の意義がもうよくわからんのだが、「パケットし放題」っていう制度を残すためだけに「パケット課金」を維持しているとしか思えないよねえ。
大手3キャリアのプランを見比べると値段帯がほぼ同じだし、選択の余地があまりないというか、とりあえず談合やめて競争…と思ったが、それやるとインフラ持ってるD社が圧勝しちゃうのかな?まーいいや。

さて、普段はWI-MAXを使っているのでデータ通信は不要なのだが、万が一スマホを紛失した時にAndroidデバイスマネージャとか、Lookoutの位置検索を利用するためのデータ通信手段として欲しい所。

問題はデータ通信を普段はしてほしくないが、WI-MAXのルータの電池が落ちると自動で3G切り替わるため、その部分を何とかしたい。
しかし紛失した時のことを考えると、例えば「wi-fi通信不可状態になってから5時間経過すると3Gに切り替わる」なんていう機能がほしい。

…絶対そんなアプリは無いと思うので、勉強して自分でつくろうか。

APN等記載した内容は無保証です、自己責任でお願いします。
パケ死に注意!

チーズMODが動画デビューしたよー

あのシェオ爺が喜びそうなチーズジャンキー必携MODである「Cheese to die for」がネタとして動画に使われました。
こんな完成度で良いのでしょうか。とにかくmodを使っていただいたchibaさんにはお礼を申し上げます。

予想外なのは、

「もっとカオスになるようにしてほしい」

という要望があったこと。

たしかに、狂乱のデイドラの王子が喜ぶ仕様にするには、現バージョンの魔法はいささかパンチが足らない(他の魔法であるCheeseBooster、CheeseNapalmはPressureに比べると地味さがはんぱない)と言わざるをえないと、改めて考えさせられた。

今回modを採用していただいた「chiba さん」の要望は次のとおりだ。

1:もっと爆発範囲を広く!

続きを読む

Cheese to die for – Daedra fanatic Follower v0.1b公開

62058-1-1422346673

 

チーズをテーマに作成していたMODが完成しました。
Nexusにあげてあります

Youtubeニコ動にも動画を載せました。

MODデータベースにも記事を書いてくれた方がいらっしゃいました、ありがとうございます。あなたにはきっと近日中にシェオゴラスが何かしらのちょっかいを出してくれることでしょうw。

フォロワーMODという位置づけになっていますが、正直このMODは魔法MODの側面が強く出ています。フォロワーとして作った猫Lokirさんには申し訳ないけれど、あなたはお寿司のガリで、メインの寿司の立ち位置は「魔法」!いやだってさ、Lokirで且つもみあげがもじゃもじゃの声がカジートで、チーズがないと攻撃できないフォロワーって好んで使う人はマジで狂気ですよ?…とまあ、今回ネタMODになってしまいましたが、「アイテム消費型魔法」のスクリプトを作ることが出来たので、今後このような消費系のアイディアが出た際に重宝しそうです。自分が知らないだけだと思いますが、アイテム消費系魔法ってあんまり見たこと無いんですよね。実際管理が面倒なので実用的ではないし、無駄にアイテムを作る必要があるので無いだけなのかな?

早速ニコ動にコメントを頂いていまして、TES4のシェオゴラスクエにあった「オルロイチーズ」を何とかできなかという意見があります。
パパっと思いつく限りだと、ゲームにならない効果が期待できるアイテムか魔法になると思います。
使った瞬間に半径5000以内の生物は嗚咽とともに三日間麻痺するとか。もう少し意見を集めたいところです、しばらく様子を見てゆっくり考えていきたいですね。

…実は、デイドラをテーマにしたこれ系のMODのアイディアがもう一つあったりします。題材となるデイドラは「ペライト」。
なぜかって、あの毒々しい液体の素材がわんさかとあるので、新しくオブジェクトを作る必要性が無いんですよ。Actorに対してもゲロ攻撃というネタ要素に使えるアビリティも持っています、作ってくださいと言わんばかりです。
時間があるときに少しづつ作りますかね。

Sheogorath様の狂気、チーズをふんだんに使ったMOD作成中

2015-01-21_00009▲西の監視塔をチーズで制圧。

狂気のMOD「Cheese Booster(仮称)」を作成中です。
先日Youtubeでシェオゴラス様セリフ集を見ていて、ふとチーズがあれば死んでもいいと思い作成を決意。

■コンセプトは、、、狂気?
フォロワーMOD及びスペル追加MODとして作成しようと考えました。
ストーリーラインはやはり狂気に満ちていないといけない。例えばこんなのはどうか。

ヘルゲン近郊で定命の者「Lokir」の遺体を発見した狂乱のデイドラの王子。とても退屈していた彼はその遺体を蘇生させるため、たまたま所持していた猫の魂をLokirに封入した。
蘇生されたLokirの体を持つ猫、思いの外新たな人生を満喫するのに前向きであり、狂乱の王子は特別なチーズを猫に与えて余生を楽しむよう言った。Lokirの体を持つ猫は、スクーマよりもチーズを狂おしく愛するようになり、その様子を狂乱の王子はしばらく楽しむことにしたのである。

前作の「燃えた犬が降ってくる」ほどの狂気ではないけれど、Questをガチガチに作るわけではないため、道筋としてはこれくらいでよいだろう。LokirのモデルをDuplicateしてもみあげを追加。声はカジートである。ちなみにLokirはEditorIDで探すと「MQ101Prisoner」という名前になっているので探すときはNameでソートするとよいです。

■魔法はどうする?
次の条件を満たしたい。

1)かなり強力なバランスブレイク魔法にしたい。
2)アイテム消費型魔法
3)ネタ要素満載

ストーリーラインにあった「特別なチーズ」を所持すると魔法を追加するようにし、チーズがなくなると魔法を忘れるようにスクリプトを組みたい。
Questを作ってOnUpdateでQuestScriptにすればいいかな。
猫Lokirとプレイヤーをエイリアスに設定してそこにスクリプトをつけてチーズ消費の監視をさせる。
チーズをProjectileにする魔法です、身内にSSを見せたら「なんだこれは」と良い反応をもらったので完成が楽しみ。

■公開は近日中
今日中にできるかもしれないけれど、もうすぐです。その後他のMODの不具合修正にとりかかります。

■とっても悩んだスクリプト
猫Lokirを複製したActorをCellに設置し、次のスクリプトを書いてQuestスクリプトに放り込んだ。このスクリプトは何かというと、チーズ所有を監視し、魔法の追加や削除、使用可否をリアルタイムで制御する役目を担っている。なお、チーズ魔法はPlayerと猫Lokir以外の使用を想定していない。

Scriptname _BoosterCheezeMonitor extends Quest

Event OnInit()
debug.notification(“Sheogorath know.”)
RegisterForSingleUpdate(1)

EndEvent

Event OnUpdate()
;実際の処理はここ

CheezeCount = Game.GetPlayer().GetItemCount(Items1)

; Debug.notification(“Monitaring now”)

;playerのスペル処理
if Game.GetPlayer().GetItemCount(Items1) <= 0 && Game.GetPlayer().HasSpell(ChoiceSpells1) == 1 ;チーズを持っておらず、スペルを所持している場合は呪文を外す

; debug.notification(“Cheeze.” + Items1)

PlayerSetting.RemoveSpell(ChoiceSpells1)
PlayerSetting.RemoveSpell(ChoiceSpells2)
PlayerSetting.RemoveSpell(ChoiceSpells4)
debug.notification(“You lost Sheogorath Power Spells.[Q]”)

elseif Game.GetPlayer().GetItemCount(Items1) > 0 && !(Game.GetPlayer().HasSpell(ChoiceSpells1)) ;チーズを持っていてスペルを所持していない場合は呪文を加える

if !(Game.GetPlayer().HasSpell(ChoiceSpells1))
playerSetting.AddSpell(ChoiceSpells1, 1)
playerSetting.AddSpell(ChoiceSpells2, 1)

if !playerSetting.IsIninterior()
playerSetting.AddSpell(ChoiceSpells4, 1) ;屋外なら呪文を加える
debug.notification(“okugai”)

endif

debug.notification(“You get Sheogorath Power Spells.”)
endif

if playerSetting.IsIninterior() && Game.GetPlayer().HasSpell(ChoiceSpells4) ;屋内でチーズプレッシャースペルを持っている場合は外す

PlayerSetting.RemoveSpell(ChoiceSpells4)
; debug.notification(“okunai + cheese”)

endif

if !playerSetting.IsIninterior() && Game.GetPlayer().GetItemCount(Items1) > 0 && Game.GetPlayer().HasSpell(ChoiceSpells4) ;屋外でチーズを持っていて、チーズプレッシャースペルを持っていない場合は加える

PlayerSetting.addSpell(ChoiceSpells4)
; debug.notification(“okugaii + spell”)

endif

endif

if Game.GetPlayer().GetItemCount(Items1) > 0 && playerSetting.IsIninterior() && Game.GetPlayer().HasSpell(ChoiceSpells4) ;チーズを持っていてチーズプレッシャースペルを所持しながら屋内に来た場合スペルを外す。

PlayerSetting.RemoveSpell(ChoiceSpells4)

elseif Game.GetPlayer().GetItemCount(Items1) > 0 && !playerSetting.IsIninterior() && !Game.GetPlayer().HasSpell(ChoiceSpells4) ;チーズを持っていてチーズプレッシャースペルを所持せず屋外に来た場合スペルを加える。

PlayerSetting.addSpell(ChoiceSpells4)

endif
;フォロワー側スペル処理

CheezeCount = PlayerLokir.GetItemCount(Items1)

if !PlayerLokir.IsDead() ;ロキールが死んでいないかチェック。

if PlayerLokir.GetItemCount(Items1) <= 0 && !PlayerLokir.HasSpell(MagickaDownAb);チーズ不足で、チーズスペルを使えなくする処理

;debug.notification(“Cheeze.” + Items1)

; PlayerLokir.RemoveSpell(ChoiceSpells1)
; PlayerLokir.RemoveSpell(ChoiceSpells2)
PlayerLokir.addspell(MagickaDownAb)
debug.notification(“Lokir lost Sheogorath Power Spells.(Q)”+ PlayerLokir + “/” + cheezecount)

elseif PlayerLokir.GetItemCount(Items1) > 0 && PlayerLokir.HasSpell(MagickaDownAb) ;チーズがあるのでチーズスペルを使えるようにする処理

; PlayerLokir.AddSpell(ChoiceSpells1, 1)
; PlayerLokir.AddSpell(ChoiceSpells2, 1)
PlayerLokir.removespell(MagickaDownAb);
debug.notification(“Lokir get Sheogorath Power Spells.”)

endif
endif

RegisterForSingleUpdate(2) ;2秒後OnUpdate開始。

EndEvent

Potion Property Items1 Auto

Spell Property ChoiceSpells1 Auto
Spell Property ChoiceSpells2 Auto
SPELL Property ChoiceSpells4 Auto

Spell property MagickaDownAb Auto

int CheezeCount

Actor property PlayerSetting Auto ;プレイヤー用
Actor property PlayerLokir auto ;ロキール用

「チーズプレッシャー」というスペルだけは屋外専用なので、個別判定を設けています。
また、CKの仕様で「Actorに初期設定したスペルのRemoveSpellができない」らしい。そのため、猫Lokirに関しては所持チーズがなくなった場合はMagicka総量と回復レートをマイナス値にするアビリティを付与し、魔法を使えない状態を表現した。

さて、ここで問題が発生。「Actor property PlayerLokir auto ;ロキール用」と宣言してCellに設置した猫Lokirをプロパティ値にぶち込んであるはずが、ゲーム内では「NONE」を返してしまい、処理が出来ない。
プロパティを設定しなおしても、変数を作りなおしても、新規ゲームをしてもダメ。いろいろ調べてみてもそんな現象を報告している日本語サイト、英語サイトは探した感じ見当たらない。
猫LokirのRefIDはプロパティ値とGame内では同じなので、いいはずなのだが・・・。

MODお蔵入り!?

そう思っていたんですが、3日悩んだ結果、何とかなりました。Cellに設置した猫LokirのリファレンスにあるEditorIDに任意の値をつけることで、めでたくスクリプトが稼働しました。
こんな単純だったとは・・・。

refdiag
▲一番上のフィールドに値を入れてズバっと快傑。

テストや細かいオブジェクトを配置して、やっと公開出来そうですね。

■この記事
読み返したらすんげー読みづらい。でも修正はめんどいのでしない。・・・おいらもシェオ爺の狂気に支配されているかもしれん。

FPS CLAN Twenty Four Seven